自由屋 再出発

皆様ご無沙汰致しております。

自由屋の「よって」です。

何年ぶりかもパッと出てこないくらい久しぶりなので、自己紹介、今までと今後のことを少し書こうと思います。

オレは自分のペンションを開業したいと思った高校生の時から、休みなんか無くバイトに明け暮れていました。21歳の時に今の自由屋のプレハブとゴミがいっぱいの土地を一括購入し、家族や友人に協力を得ながら、チェーンソーや草刈り機を使い開墾していき、内装を作ったり、ログハウスを建てるなど、「自由屋イベントハウス」を仕上げていきました。

その間も様々な企業でお世話になりながら資金を貯め、軽トラを改造したサンドイッチの移動販売店「自由屋ホットサンド」、イベントを主体とする「自由屋イベントハウス」を開業しました。

ありがたいことに自営業で人並みの生活を送れていましたが、父が疾病し看病で営業を行うことが難しくなり他界を期に思うところもあり営業を休止、その後サラリーマンへ転職、平社員から駆け上り、最終的には50名程度の小さな会社にて事業統括部長という肩書きを手に入れました。

しかし色々なことに流れというものは存在し、そこそこの退職金を得ることで自営業に戻れる転機が訪れました。

そして昨年、自由屋とは別に約36,000平米の山林を一括購入しました。その名も「自由山」人力で開墾し、樹齢40~120年の木を切り出す作業は、究極に体に負担はありますが、昨年立ち上げた「山野草を守る会」は林野庁より補助を頂くことができ、山林の整備に無事没頭することができました。

さらには製薬会社の薬草を作ることで、生活の基盤を固めることができました。

今後は一緒に面白いことがしたい仲間達を増やし、お互い協力し合い岩手に活気が戻るように頑張りたいと思っています。

現在は岩手高原スノーパークにてスノーボードのインストラクターをしながら、自由山の手入れをしているトコロです。今週末には特設のジャンプ台で3日間限定の佐々木陽輔のジャンプキャンプを行う予定です。

これからも全部自分で切り出した木材でログハウスを建てたり、夏でも楽しめる人工芝のスノーボード練習場を作ったり、スケートランプを作ったりと大忙しですが、日々面白そうなことに挑戦をしていくことが、自分の人生で一番大事なことなので、精一杯楽しむつもりです。

今後とも応援宜しくお願いします。

そうそう自由屋に新しいスタッフが入りました。名前は「あさ」ちゃん生後8ヶ月の女の子です。趣味はカモシカをトコトン追い詰めることです。ベテランスタッフ6歳の「アツ」共々宜しくお願いします。

ちなみにアツがうさぎ、あさがイヌです。どっちも女の子です。


自由屋サマーゲレンデ

初めてスキーやスノーボードに挑戦する方も大歓迎! 滑ったり、ジャンプにジブに思い切り楽しもう(^^) 2018年度 営業を終了しています 2019年度 5月より営業予定 お問い合わせ080ー7842ー1555 180method@gmail.com 自由屋代表 佐々木陽輔(よって) 岩手県雫石町南畑21-26-15 (ケッパレランドクロスカントリースキー場併設)